スタッフ紹介

コバヤシ接骨院・鍼灸院 院長
小林 龍司(こばやし りゅうじ)

内臓調整・頭痛改善の スペシャリスト

お客様写真

1981年生まれ 大分県出身
コバヤシ接骨院・鍼灸院 院長
柔道整復師、鍼灸師
ジオン療法セラピスト
※院外活動
総合格闘技道場GROUND CORE トレーナー
プロ柔術MATSURI リングドクター
アマチュア格闘技イベント レグナムジャム リングドクター

「明治東洋医学院専門学校 鍼灸科卒業後、明治東洋医学院専門学校 柔道整復科を卒業しました。 国家試験取得後、接骨院・鍼灸接骨院・介護施設での臨床経験を経て平成22年コバヤシ接骨院・鍼灸院を開業致しました。

現在格闘技トレーナーをしていますが、私自身も選手経験者です。

施術家になるまで

幼少期〜中学生時代

幼少期写真

以外に思われる方も多いのですが、私は大分県の出身です。
母が他の実家が大分で、モノ心つく前に京都に帰ってきたので、大分や九州の方言が全くわからない九州男児でした(笑)。
幼稚園までは活発な性格で何にでも興味を示し、やんちゃ盛りだったようです。
小学校の頃から少し内気になり、中学時代は家にこもってTVゲーム三昧のいじめられっ子街道を邁進していました。
正直このころはあまり良い思い出は無かったですね。

高校時代 自分を変える為にはじめた柔道

高校時代写真

『このままではいけない!』と思い、現状を変える為に高校時代は柔道部に在籍。
インターハイ選手を排出するような強豪校だったため練習はとても厳しかったです。
日々の練習は厳しくつらいものがありましたが、身体が強くなり、大事な仲間が出来て本当に充実した毎日でした。
この時の仲間とは未だに交流があります。
ところで、この三年間で数えきれない程のケガをしました。
骨折に始まり、むち打ち、腰椎分離症・すべり症・全身の捻挫など…全身を余すところなく。
おかげで試合での結果は振るわず枕を涙で濡らすことも多々ありました。この頃に負ったむち打ちを中心としたケガが、後々の私の生活に支障をきたす原因になります。

因縁の頭痛発症と決意

頭痛の症状

高校を卒業してからのある日のこと、突然左半分の視界が全く見えなくなり、激しい頭痛に見舞われました。今までに経験したことの無い激しい頭痛です。

病院にいきましたが異常は見つからず…
『こんなに痛いのに異常がないなんておかしい』その後も定期的に頭痛は襲って来ました。
その度に病院で検査という検査を受けましたが結果は『異常なし』
…今考えれば、完全に偏頭痛の発作です。

ここからは日々が頭痛におびえる毎日です。
『またあの頭痛が出てきたらどうしよう…』頭痛を改善するため色々なことをしました。
頭痛外来をはじめ、マッサージ、整体、整骨院…頭痛に効くと言われれば何でも試しましたが、自分の悩みを改善することはできなかったです。
この頃から『改善する方法が無いなら自分で何とかしよう!』と思い始めました。
これが、私が施術家を志したきっかけです。

専門学校時代

はやく一人前になりたい…という思いで、在学中に見習いという形で丁稚奉公をはじめました。
朝は6時に起床、7時半には出勤し午前の診療を手伝い、お昼からは養成施設の学校へ。夕方からはまた接骨院で勉強し、夜は家で学校の復習と施術法の勉強。
この時期が最も不健康だったかもしれません(笑)
時に頭痛に倒れながら詰め込み詰め込みで勉強に励みました。この時期が私の施術家の基礎を築いてくれました。

国家試験に合格!そして…

柔道整復師免許証

連日の勉強に次ぐ勉強の努力の末、鍼灸の国家試験に合格。
この時の達成感はすごかったですね!しかしながら、私はこれで満足はしませんでした。
『より深く学ぼう!』という思いから、柔道整復師になるべく新たな勉強を始めていました。
結果、鍼灸の学校を卒業した翌月には柔道整復の学校の入学式に参加していました。本当に在学中はよく勉強したと思います。
今でも勉強の習慣は続いており、施術に関する書籍やDVDを読みあさり、勉強会にも月に40時間以上は参加しています。

修行

鍼灸師の資格を得てからは、2人目の師匠に付き5年間お世話になりました。
副院長というポジションも与えてもらい、技術・心構えなどを教えてもらい当時の師匠には本当に感謝しています。
この時には自分の施術法を確立していて、自身の頭痛はほとんど感じないようになっていました。

 

『頭痛をこの世から無くす!』という思いから開業

施術風景

研究に研究を重ね、頭痛に対する考え方・施術法を確立。
同時に自分の頭痛も消えていました。
『自分の頭痛はなくなった。でも、頭痛に苦しんでいる人は沢山いる…』
こうした人たちの手助けをしたい。自分のように頭痛のことを考えない生活を送って欲しい。という思いから頭痛専門院の当院を開業。
『頭痛をこの世から無くす!』という理念を掲げ、今日も技術を磨き続け施術に励んでいます。

院長インタビュー

仕事をする上で大切にしている事を教えてください。

「私は当院にお越しの皆様に必ずこう聞きます。
『今あるお悩みが無くなれば何をしたいですか?』と。
我々の仕事で痛みを取る努力をすることは当たり前だと思うんですよ。
それに加えて、目標に向かってのメンタルサポートや具体的なプラン提示をするよう心がけていますね。
目指すものがあるのとないのとではお客様も施術に対する熱意が断然変わってきますね。」

院のこだわりを教えてください。

「ずばり!清潔・笑顔・温かい雰囲気ですね(笑) 特にトイレの掃除には力を入れています。
どこでもそうだと思うんですがトイレが汚いところって嫌ですよね。

あっ!施術面での話でしたか?(笑)

私は、全身余すところなくケガをしたものです。
中でも『ムチ打ち』『坐骨神経痛』にはひどく悩まされてきました。
これらの悩みから自身が脱却したい。
そういう思いから、独自の施術『ムチ打ち改善プログラム』と『坐骨神経痛改善プログラム』を生み出しました。
現在では、このプログラムを受けに遠方からもクライアント様がお見えになります。
現在でも『ここでしかうけられない施術』を追及するため、月に20時間以上のセミナーや勉強会に参加し努力しています。

スタッフ一覧

スタッフ写真

斗谷 麻美 はかりだに あさみ

内臓調整・女性疾患の スペシャリスト

スタッフ写真

岡田 修司おかだ しゅうじ

足の問題・ランナーの 故障のスペシャリスト

地元100%の話で盛り上がれるスタッフたちです

スタッフ達

純100%の京都人集結(笑)地元の話題が絶えない接骨院です

地域No.1を目指した元気いっぱいの接骨院です。クライアント様が安心して施術を受けていただけるように、
スタッフのほとんどが地域密着型の京都人です。

痛みの改善にはまず心から。スタッフの雰囲気作りで、少しでも不安を解消して頂けるように取り組んできます。
これからも、クライアント様の期待に応えられるように、頑張って行きたいと思います。