10年以上取れなかった首の痛みがたった一回の施術でスッキリしたケース


 

こんばんわ

コバヤシ整体院(併設接骨院・鍼灸院)の小林です。

本日は当院に来られている実際の患者さんの声をエピソードとともに紹介していきたいと思います。(※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。)

10年間、どこに行ってもとれなかった首の痛みと頭痛が、たった一回の施術でスッキリしたケースをご紹介します。  カワニシさんの声

K.Kさん 41歳 施設職員

当院に来ることになった症状をおしえてください。
10年の間に4回の交通事故に遭いその後遺症で首は左にねじれ傾き、顔は歪み、股関節や背中の痛み、頭痛など

当院で治療を受けることに対して不安がありましたか?あれば教えて下さい。
整形外科、治療院、顔の矯正、いろいろ行きましたが治らなかったので治るかどうかは不安でした。

何回目の治療から効果を実感しましたか?現在はどのような状態ですか?
初回に実感しました。なかなか痛みの取れない箇所も原因解明して下さりすっかり良くなりました。まさか20年前の手術痕が原因だったとは思いもしなかったので驚きました。この治療後、顔、首のねじれもなくなり背中、首の痛みがうそのようになくなりました。

これから当院に来られる患者さんに一言お願いします。
痛みがなくなると毎日が楽しく過ごせます。来て良かった〜と絶対に思える治療院です。

患者さんの声にもある通り、K.Kさんの症状は痛みがでてからかなり長い年月を経過した症状でした。一番の悩みは 頭痛と首の痛み。

当院に来られるまでにいろんな病院や治療院に通院されたそうです。

では、なぜK.Kさんの首の痛み、頭痛は改善しなかったのか?

それは、この症状の根本的な原因は首になかったからです。

マッサージや接骨院では頭痛や首の痛みには首に対して主にアプローチします。
K.Kさんも多分に漏れずそのような施術を受けてきました。

『私の首はこれから一生このままなんですかね?』

検査中にK.Kさんが漏らしていた悲痛な言葉です。

 

以下、施術

色んなところで首にアプローチを受けていたので原因はここにはないと疑いながら、他の原因を探しました。

頸椎・骨盤や筋肉自体にアプローチをして大幅な変化はなし。

数回の施術で痛みは緩和を見せているものの、スッキリ改善!というところまでは行っていませんでした。

ある時の施術中、ハリをするために短パンに着替えて頂いて仰向けになって貰った際、お腹に大きなケロイド状の痕がシャツの裾から見えました。

それについて詳しく聞いてみると『過去に皮膚移植でこの部分の皮膚を切り取ったんです。』また、詳しく聞くとその周囲には帝王切開の後がありました。

本人に許可を得て、腹部の傷口を観察。
この傷口を見た瞬間『ここが原因だ。』と確信しました。

早速、その部分にごくごく浅くハリをして置鍼。(ハリをさしたままにしておくこと)

数十分後首の痛みと動きを確認すると、ご本人も『え?』という表情。

あれほど悩んでいた首の痛みをその場でまったく感じなくなったそうです。

その後、三回程同一の場所にハリをして首の施術は終了。

今では症状が再発しないように定期的に施術を受けにきておられます。


ところで、なぜ手術跡が今回のような痛みを引き起こしたのか?

皮膚や筋肉を包む膜というのは全身、法則をもってつながりを見せています。
これらにはそれぞれ正常な位置というものがあるのです。

これを手術などで切り開いて無理矢理引っ張ったりすると正常な位置に存在することがなくなります。

そうすると、身体にひずみが生じ痛みを生んでしまうことがあるのです。
それが腹部より遠くはなれた首であったとしてもです。

実際、K.Kさんの腹部の皮膚はパンパンに突っ張っていました。
今回のハリはその皮膚の突っ張りを緩める効果を期待して行ったのです。

その結果、皮膚、筋肉を包む膜のゆるみが出て痛みが改善したわけです。

 

もし、あなたの首の痛みが、マッサージを受けているのに、整骨院に通っているのになかなか治らない。
というのなら、一度当治療院に連絡してみてください。

今回のケースのように意外な部分に原因があるかもしれません。

 

どこに行っても治らない首の痛み・肩こりでお困りの方へ

首痛・肩こり專門整体ページ

20160513-stiff-shoulders-ttl-sp


関連記事