ダイエットに最適!縄跳びのススメ!


 

ガガガガガガ!

 

!?
IMG_1653

当院スタッフがお昼にトイレで何やらしてくれています。
DIY的な何かを・・・

 

10分後

 

これは!?ペーパータオル!!
IMG_1655

 

『洗濯したとしても見た目的に備え付けのタオルより、コッチの方が清潔感があると思ったんで^^』

と、事も無げにはなし、何事も無かったようにペーパータオルを設置し去っていく当院スタッフ。

見習わせてもらうことばかりです T T

IMG_1656

おかげさまで当院のトイレの奇麗さ・清潔さがますますマーベラスになりました!
先生!ありがとうございます^^

 

 

さて、今回のテーマはダイエット

waist_woman_thin
ダイエットの話題はネットや書籍なんかで山ほど情報があるので、皆さんも調べたことや目にしたことぐらいはあるのではないでしょうか。
この時期、薄着になって身体のラインが出やすくなって取り組んでいる人も多いのでは?

そんな方達のために、私が過去に結果を出したダイエット法をお教えします。
私はこの方法と食事療法で一ヶ月で10キロ落としました(コレはダイエットというより試合に向けての減量でしたね^^;)。

まじめに取り組めばかなり結果が出るんで、是非取り組んでいただきたいと思います。

なぜ、たった一ヶ月で10キロも落とせたのか!?そのメインの方法は・・・

nawatobi_girl

コレ!縄跳びです!

ご存知の方も多いかもですが、縄跳びは非常にダイエット効果が高い運動です。
例えば、ウォーキングやジョギングよりも消費カロリー的に効果は高いのです。
            ↓

成人男性体重70キロが30分連続で運動した場合の消費カロリー

ウォーキング    ・・・120kcal
ゆっくりジョギング ・・・208kcal
縄跳び(毎分60回)・・・280kcal
早いジョギング   ・・・300kcal

その効果の秘密は、肺の縦揺れにあります。
body_hai
ダイエットを効率化させる時、運動面で考えねばならないことは『心拍数を上げる』こと。
心拍数が上がると脂肪が燃焼しやすくなるのです。
縄跳びは飛び上がる様な上下運動を行うことにより、肺に負荷をかけることが出来ます。
結果として心拍数を上げ脂肪を燃焼することが、ジョギングやウォーキングよりも効率がいいわけです。

また、ある程度のスペースが確保出来れば室内で行うことも可能です。
雨などの天候を気にせず、行うことが出来るというメリットもありますね。

他にもこんな方にオススメ

  • 肩こりの強い方
  • 筋緊張性頭痛の方
  • 血糖値を下げたい方
  • 脚のむくみをなんとかしたい方
  • 運動したいけどジムに行くのが面倒な方

肩こりや肩こりから来る頭痛を持っている方には本当にオススメ。
循環が良くなって改善していくのが実感出来ると思います。

 

具体的な方法を紹介していきます!その前に・・・

用意していただきたいものがあります。
縄跳び と 運動靴
IMG_1664IMG_1665

縄跳び
ホームセンターに売っている様なやつでかまいません。ただ、安すぎるやつは跳びにくいです。因に、図の私の縄跳びは『タイロープ』といって、ムエタイやキックボクサーの選手が使う様な特殊なやつです。違いは、重たいというところと、足に当たるとかなり痛いということです。


これは有ると無いで全然違います。裸足で跳ぶより脚の負担がかなり違います。室内でやるにしても用意しておきましょう。

注意:心臓疾患の方・喘該発作が出ている方その他運動することに支障がある方は今回紹介する運動は禁止します。)

跳び方

1、両足跳びで地面に着地しない。背筋を伸ばし、片足ずつ跳ぶことが大事。
両足で着地すると、脚の疲労感が強くなり長時間跳べません。有酸素運動は効果を出すのにある程度時間的に続けることが必要です。脚の疲労感が出来るだけたまらないよう片足ずつ跳びましょう。
IMG_1669IMG_1670
着地の仕方としてはこんな感じです。
IMG_1671IMG_1672
着地の際に、足を前後に設置するようなイメージで行うとやりやすいですね。足幅は肩幅よりも狭く、足の前後幅は前足のかかと部分に後ろ足のつま先が来るようにすると、最初は跳びやすいです。設置の際は前後ともに体重をのせるのはつま先です。因にこの動きがよりタイトで高速で跳べると、かっこいいボクサーの縄跳びのようになります。

2、背筋はのばす。左右の肩甲骨を寄せ、背中を意識して跳ぶと上半身にも効果的。
左図のように背中を曲げない。右図のように背中を伸ばすことによって背筋の強化にもなり、奇麗な姿勢作りにも役立ちます。

IMG_1667IMG_1678

3、はじめは『○○回』跳べるようになるという練習から行いましょう。
理想は10分連続で跳ぶことですが、これは簡単なようでなかなか出来ません。
けっこうキツいです。さらに、跳ぶ習慣がないとなかなか思うように跳べません。
まずは自分で『○○回跳ぶ!』と決めたら、休憩しながらでもいいんでそのノルマをクリアするところから始めてみましょう。

4、オススメは1分跳ぶ→20秒インターバル→一分跳ぶ・・・を5セット
3が出来るようになれば、次は1分連続で跳べることを目指します。1分連続というのも意外と慣れるまではキツいです。サーキットトレーニングのように休憩と1分を繰り返すと心拍数はかなり上がります。因に、『有酸素運動は20分以上やらないと脂肪燃焼しない』という考えがありますが、最近の研究ではそれ以下の運動でも効果があるという見解が出ています。短くても、しっかりと結果は得られます。

5、慣れてくれば1分→2分にしたり、セット数を増やしましょう。
慣れてくれば、運動時間は長くした方がやはりダイエット効果は高いです。3分連続で跳べるとかなり効果を実感出来ると思います。因に、私が10キロ減量した時は1時間位は平気で跳んでました。

6、無理せず続けることが大事
一番ダメなのは『やったりやらなかったり』ということ。まずは週に1回休みの日からでもいいんで取り組み習慣化することです。

尚、縄跳び後はふくらはぎの筋肉がかなり突っ張ります。このストレッチを行うと次の日の筋肉痛も軽減されますよ ⇒https://kobayashi-sekkotsu.com/?p=325

いかがだったでしょうか?
最終的に大事なのは『継続』ということになりますが、非常に効率がよく天候の影響も受けにくいエクササイズです。
ダイエットのエクササイズに何を取り組めばいいの?
という方、チョイスの一つとして考えてみてくださいね^^

 

 


関連記事