頭痛チェックリスト あなたはどの頭痛?(当院テイスト)

こんばんは、元 偏頭痛・群発性頭痛持ちの小林です。

先日、頭痛のセルフケアで新しい手法を勉強する機会がありました。

スタッフと試してみましたが…ものすごく効果を感じましたね^^

これ、肩こりや眼精疲労にも凄くいいと思います!
寝つきや寝覚めも良くなるんで。

まだ、実験段階なんでデータ採取の最中です。

満足いく結果が出れば随時公開していきたいとおもいます。

 
さて、本日のタイトルの通りですが、今日はタイプ別頭痛チェックリストを掲載してみました。

ネットや専門誌などにもチェックリストは出てはいますが、

これは私の体験から抽出してみた共通点を列挙してみたものです。

体験から得たものの方が皆さんも共感しやすいのではないでしょうか?

なにせ、私は一時期三つの頭痛を掛け持ちしていましたからね。

では、いってみましょう!

 

 

これらに当てはまる人は筋緊張性頭痛の可能性が高いです

□  後頭部、側頭部、前頭部が締め付けられるように痛い

□  吐くほどではないが気分が悪くなる

□  何となく頭がどんよりして思考が鈍る

□  考えることが億劫になる

□  痛みがある時はしんどくて人にやさしく出来ない

□  肩・首のコリ、腕のハリ、臀部のハリが強い

□  常に寝不足である

□  パソコン・スマホをよく使う

□  過去にムチ打ちなどで首に大きな負担をかけた経験がある

□  顎を突き出すような姿勢でデスクワークをしていることがある

□  目が疲れやすい

□  痛み止めで治まる

特に多い意見ではやはり、肩コリ からの後発ですね。
しかしながら、肩コリだけでなく、二の腕や前腕、手の甲の間なんかに張りを感じる方も多いですね。

ムチウチや不良姿勢でのデスクワークは頸椎の歪みを引き起こし、やはり頭痛の原因になりやすいです。

どんより、考えることが億劫、やさしく出来ないというのは心理的な表現ですが頭痛は発言すると本当に思考を鈍らせますからね。無理もありません。

 

 

これらに当てはまる人は偏頭痛の可能性が高いです

□  頭痛が発作性であり、常にあるわけではない

□  常に寝不足である

□  過去にムチ打ちなどで首に大きな負担をかけた経験がある

□  顎を突き出すような姿勢でデスクワークをしていることがある

□  頭痛が起こる前に目がチカチカすることがある(目を閉じても消えない)

□  視力に左右差がある

□  乱視がある

□  発作の前に視界が狭くなる

□  発作の前に眼を動かすと一部の方向だけ見にくい

□  発作の前、パソコンを打っていて、何度も文字入力を間違う

□  目の奥や側頭部に脈打つような痛みがある(片側・両側)

□  主に片側に起こる(両側の場合もある)

□  発作が起こると冷や汗をかく

□  明るい場所、音のある場所、匂いなどが苦痛になる

□  人との会話が出来るレベルの苦痛ではない

□  吐き気や嘔吐が止まらない

□  痛み止めが効かない

 

目の前がチカチカや視野狭窄などは代表的なところですね。

視力の左右差乱視どは、私の体験と患者さんの共通点に多かったところです。

冷や汗吐き気などは偏頭痛の強い発作の人によく見られますね。

痛み止めが有効な人もいれば有効でない人もいます。

 

 

 

上記に当てはまる方は群発性頭痛の可能性が高いです。

 

□  普段から眼に負担のかかる仕事をしている

□  常に寝不足である

□  過去にムチ打ちなどで首に大きな負担をかけた経験がある

□  顎を突き出すような姿勢でデスクワークをしていることがある

□  痛みが出た時は方側の目の奥がえぐられるように激烈に痛む

□  年間である時期の数ヶ月間、発作的に頭痛が起こる

□  痛みが出た時は、もんどりうったり、頭をかきむしる程の苦痛

□  痛みのあまり気を失う

□  痛みのあまり、眠りから強制的に覚める

□  痛み止めが効かない

 

とにかく眼の奥が痛すぎて、飛び降りようかと考えたこともありました。

眼の周りが冬場なんかは冷えた感じが強かったです。

偏頭痛も群発性頭痛も基礎的な部分(身体的負担)で筋緊張性頭痛と共通している部分は多いと思います。

発現したときは全く別物ですが・・・

 

以前の記事にも書いたと思いますが、自分の頭痛の種類を知ることは痛みの改善を考える上で大いに大事です。

頭痛の種類によっては一部で効果的なものが一部では悪化の要因になったりするからです。

例)筋緊張性頭痛→後頭部を暖めるケア◎ 偏頭痛→後頭部を暖めるケア× (血管を広げるから)

このチェックリストを使って、自分の頭痛に当てはまるのはどれか

一度見てみてくださいね。

 

もし一つでも当てはまったという方、こちらの記事を一度ご覧下さい。→  コチラ

                   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

京都市東山区の 頭痛専門整体 コバヤシ整体院 (併設接骨院・鍼灸院)→ 075−708−6862

頭痛でお悩みの方、先ずはコチラをご覧下さい。)

交通事故後のケガでお悩みの方、コチラをご覧下さい。)

それ以外でお悩みの方は以下を読み進めてください。

はじめての方は

ハイ!コバヤシ接骨院です。』と出ますので
はじめてです。予約を取りたいのですが。』とお答えください。

このような方のお電話をお待ちしています。

頭痛外来に行ったが改善しなかった。
頭痛薬が外出中でも手放せない。
頭痛を改善しようとマッサージや整体、整骨院を三件以上回った。
上記に当てはまる方は、是非一度お電話ください

お気軽にお電話ください!【電話番号】075-708-6862【受付時間】9時~20時【定休日】日曜・祝日・水曜の午前と土曜の午後

 

関連記事