気圧の変化に伴う頭痛と撃退法


 

こんばんは、雨が多い時期になると出掛けるのが億劫ですね。

 

暑いし汗をかくのを分かっているんで出掛けたくない。

 

まさに出不精になるタイミングですね。

 

 

 

実はここがこの時期の頭痛を助長させる原因だったりします。

 

 

 

こんばんは、元偏頭痛・群発性頭痛持ちの院長小林です。

 

本日のテーマはタイトル通り『気圧の変化に伴う頭痛』です。

 

 

 

現時点で気圧の変化が頭痛に及ぼす影響というのは諸説ありますが、未だに結論にはたどり着いていないそうです。

 

 

 

有力説に共通しているところは『血管の圧力

 

 

 

気圧の変化によって血管圧が変化し、収縮もしくは拡張して痛みを引き起こす・・・というものです。

 

 

 

頭痛は血管が縮んでも起こるし(筋緊張性頭痛の場合)、開いても起こるし(偏頭痛の場合)どちらにせよ、影響は免れないようです。

 

 

 

私は現在、偏頭痛がすっかり治まってしまったので、この時期感じるのは筋緊張性頭痛に代表する首の張りですね。(血管収縮)

 

 

 

雨が降る前々日あたりから気圧の低下を感じ、首の重さが出てきます。ストレッチをかけてみても明らかに首の突っ張りが強いです。

 

 

 

こうした時に行うと有効なのが『汗をかくこと』。

 

 

 

私は低気圧による血管の収縮説を体感するので、出来るだけ血管を広げる・動かす努力をジョギングや筋トレ、もしくは長風呂汗を流すことで行います。

 

 

 

筋肉の働き、もしくは温熱効果によって血管が緩み拡張する、血液の循環がよくなることを狙ってのことです。

 

 

 

この時期に筋緊張性頭痛を感じる方は有効な手段だと思いますんでぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

因に、偏頭痛の方はこの方法を試すとひどくなるんで行わないようにしてください。

 

 

 

頭痛い関してより詳しくしりたいという方。こちらの記事を一度ご覧下さい。→  コチラ

                   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

京都市東山区の 頭痛専門整体 コバヤシ整体院 (併設接骨院・鍼灸院)→ 075−708−6862

頭痛でお悩みの方、先ずはコチラをご覧下さい。)

交通事故後のケガでお悩みの方、コチラをご覧下さい。)

それ以外でお悩みの方は以下を読み進めてください。

はじめての方は

ハイ!コバヤシ接骨院です。』と出ますので
はじめてです。予約を取りたいのですが。』とお答えください。

このような方のお電話をお待ちしています。

頭痛外来に行ったが改善しなかった。
頭痛薬が外出中でも手放せない。
頭痛を改善しようとマッサージや整体、整骨院を三件以上回った。
上記に当てはまる方は、是非一度お電話ください

お気軽にお電話ください!【電話番号】075-708-6862【受付時間】9時~20時【定休日】日曜・祝日・水曜の午前と土曜の午後

 

 

 


関連記事