変形性股関節症で手術を考えている人に読んで欲しい、希望の持てる一症例


年齢 50歳 性別 女性 職業 接客業 所在地 京都市伏見区

 

主訴 右股関節痛と右膝の痛み(変形性股関節症)

 股関節痛 のコピー 膝痛 右

概要

数ヶ月前より右の股関節が痛くなり、最近では同時に膝も痛くて階段の昇り降り、しゃがむことが困難になる。

整形外科にて検査したところ【変形性股関節症】との診断を受け、あまりの痛みに現在は股関節痛改善のために手術も視野に入れている。

そこまではしたくないという思いから友人の紹介を受け、来院に至る。

検査

立位にて体幹が右に大きく傾いている、

しゃがむ際、深く腰を落とすと激しい股関節痛のためしゃがめない

同様に膝にも痛みが出る。

ただし、仰向けで寝た際には膝関節を曲げきっても痛みは出ない。

骨盤後面に過去の事故にて大きな手術痕(骨盤骨折)が二箇所あり、この部分を調整すると股関節痛が減弱し、動きもスムーズになる。

施術

一回目〜五回目(週に2回)

 

過去の骨盤骨折による右股関節痛と判断する。
座った姿勢にて、骨盤の手術跡を触れる程度の力で調整。
右脚と腰回りの筋肉にうねりと痙攣が起こる。
充分に調整が出来たら再度股関節の動きを確認。
痛みが大きく減弱している。

初回で10→5へ。

 その後も同様の施術を繰り返し、深くしゃがみこんでも股関節痛がない・ヒザ痛がでない状態まで改善する。

 五回目で痛みは10→2まで減弱する。

 六〜八回目(週に1回〜2週間に1回)

しゃがみこんだ際の股関節痛は全くないが、階段を登る際に痛みが残存している。
ポールを使い擬似的に階段の昇り降り動作を確認。
登る際に骨盤が左方向に強く変異している。
擬似的に骨盤を右方向に調整しながらポールを登ると股関節痛は全く見られない。

問題は左の臀部(大殿筋)にあると思われる。

左臀部を調整し再度階段を登る動作をしてもらい股関節痛を確認。
全く消えているとのこと。

 痛みが消失し、しばらくは再発の問題もないと判断したため本回で施術終了とする。

 

解説

なぜ、手術をせずに変形性股関節症の股関節痛を改善できたのですか?

股関節痛の原因が変形性股関節症ではなかったからです。

 レントゲン

病院や整形外科では股関節痛があるとレントゲンを撮り、股関節(臼蓋と大腿骨頭)の関節腔の幅を確認します。

ここで関節腔が正常よりせばまっていれば【変形性股関節症】と診断され、年齢や日常生活動作、痛みの度合いを考慮しオペや経過関節を治療プランに盛り込んでいきます。

 今回のケースでもまさにこういった診断を受けた方でした。

 しかしながら、当治療院の過去の施術実績から、状態にもよりますが変形性股関節症と股関節痛が原因としてリンクしないケースを多く見受けます。

 その原因は様々で、過去の経験では

ICM_115

 骨盤(恥骨結合部・坐骨結節部・腸骨部)

股関節(ネジレ)

腰椎

傷痕

周囲筋の筋肉

 などに見受けられました。

このように、引き起こされる股関節痛が股関節以外に問題がある場合があるのです。

 

総括

もしこれを読んでいるあなたが、変形性股関節症や股関節痛で悩んでいて手術を考えていてその決断に疑問を感じているなら一度当治療院に相談してみて欲しい。

もしからしたらその股関節痛、手術をせずになんとかなるかもしれませんよ。

 

手術を考えるほどの股関節症・変形性股関節症でお悩みのあなたへ

変形性股関節症整体ページ

20161121-変形性股関節症-ttl-sp