ギックリ腰、短い期間で改善したい方は当治療院におまかせください!


年齢55歳 性別 男性 職業デスクワーク 所在地 京都市中京区 

 

主訴 仰向けにねられない、歩くのも困難なギックリ腰

腰痛 

概要

来院の二日前に急激な腰の痛みが発症。歩く、座る、腰をひねるなどの日常生活動作が困難になる。

自分で歩くのもままならない状態だったため、夫人の付き添いのもと、一日も早く治したいというという思いから来院する。

検査

来院時は動くこともままならず、ベッドに寝ることも困難。

エビの姿勢で横向きになったまま痛みの部位を確認。

最低限の問診と検査(関節の動きと皮膚状態)を行い即施術に入る。

 

施術

一回目

ギックリ腰の根本は過去の膝の損傷にあると判断。
ギックリ腰の損傷具合より、本日中に痛みは大きな変化がないことを伝え施術に入る。
膝にある過去の手術跡を調整。
変化はないものの施術自体は身体の状態を考えると過度の刺激は禁物。

初回の施術はここで終了。

二回目

前回よりも動きに軽度改善。
膝の調整とともに股関節の調整を行う。

二回目はここで終了。

 三回目

痛みは半分以下に、問題なく仰向けに寝ることが出来るようになり、付き添いもなく1人で来院出来る様になる。
前回同様の施術を行う。

 四回目

症状無く、痛みも消失している。

若干の違和感が残っているも問題ないと判断。
本回で施術終了とする。

 

解説

ギックリ腰って治るのに安静にしていてどれくらい時間が掛かるものですか?
状態にもよりますが、経験上おおよそは2週間から3週間です。

a1640_000384

 ギックリ腰になった時、経験したことがある人ならわかると思いますが動くのも辛い状況になります。

基本ギックリ腰は休息により改善していきます。

ところが現在は家事をしたり、仕事をしたりなかなか安静にできないのが現状です。

当治療院ではギックリ腰の痛みを改善したい、というよりも『ギックリ腰によって仕事や家事に支障が出ているからなんとかしたい』という思いで来院される方が殆どです。

 

分かっているけどもなかなか安静には出来ない…そんなギックリ腰を早期に改善するには

a1640_000182

ギックリ腰を早期に改善するには、引き起こしてしまった原因を見つけることが重要です。(今回であれば膝の傷口ですね。)

 原因を見つければ正しいアプローチによって安静にしているよりも早くに日常

復帰が出来る状態に導くことが出来ます。

 

総括

もしこれをご覧のあなたが、ギックリ腰を起こして日常に支障を来しているならまずは安静にしてみてください。
それだけでギックリ腰は自然と改善していきます。

しかし、もし安静にできないというならば一度当治療院にご連絡ください。
現状をより早期に改善してみせます。

 

動くのも辛いギックリ腰、なかなか家事や仕事で安静にできない状況でお困りのあなたへ。

 ギックリ腰改善整体ページ

20160513-lumbago-ttl-sp