頸部の筋肉が原因だった顎関節症


                 49歳 女性 教員 京都市伏見区

主訴 顎関節症

頭痛

概要

常々から左顎に違和感を感じている。

いつも放置していると良くなるのだが、1ヶ月程前からは柔らかいものを食べる時でさえ痛みが出始めた。

食事や人と話すのが困難になり、日常生活に支障をきたすようになる。

今後もこれ以上ひどくなるのではないかと心配になり来院する。

 

検査

左顎関節と左頬骨弓付近に痛みあり。

左顎に筋膜のねじれを認める。

頚部筋の緊張を認める。

頚椎の可動域の制限あり。

開口障害を認める。

施術

初回

検査より、問題は左顎の筋膜のねじれと頚部筋の緊張によるものと考える。

頚部筋の緊張緩和の目的で、頚部筋のマッサージを行う。
施術後、口の開けやすさが改善。

初回はここで終了。

2回目(初回より4日後)

口は開けやすくなったとのことだが、痛みは残っているので、心配な表情。

頚部筋の緊張は残存している。

頚部筋の緊張緩和の目的のため、前回と同様の調整を行う。さらに、自律神経調整の目的で鍼施術を施行する。

 3回目(初回より7日後)

前回と同様、頚部筋の調整と鍼を行う。
また、胸鎖乳突筋に緊張が強く見られたため調整する。

術後、痛みが半分ほどに減少。

4回目(初回より10日後)

痛みが減ってきて、食事をするのが楽になってきたと喜んでいる。

頸部筋の緊張も緩和している。 

前回と同様の内容に加え、左顎の筋膜を調整。

5回目(初回より14日後)

この時点で痛みの度合いが10→1へ大幅に減少する。

開口の範囲が初期は縦に指二本も入らなかったが、現在は3本以上入るようになっている。

食事中も痛みをほぼ感じないとのこと。

引き続き、前回と同様の内容で施術を行う。

次回は10日後に状態の悪化が見られないか確認を行う。

6回目(初回より24日後)

痛み消失。

硬いものものを食べても痛みが出ない。

本人も満足しており、顎の筋膜のねじれと頸部筋の緊張も解消しているため、今回で施術終了とする。

解説

なぜ頸部の筋肉が顎関節症と関係しているのでしょうか?

hiza-2

顎関節は頸椎の上に乗っており、顎関節の運動は頸椎の動きと連動しています。

今回、頸部筋の緊張により、頸椎の動きが悪くなり、それに伴い顎関節に影響が出て、痛みや開口障害が起こっていました。

まとめ

顎関節症は正しい順序で施術していくことが重要になります。

もしこれを読んでいるあなたが過去に『顎のマッサージで良くならなかった』や『マウスピースなどの処置をして改善していない』というのであれば、顎自体に原因がないかもしれません。

その痛みは意外な部分にあるかもしれないので、一度当院に相談してみてください。

20160513-tmj-disorder-ttl-sp

顎関節症專門整体ページ