小児の肘脱臼 肘内障の改善例

3歳 男性  京都市西京区 

主訴 左腕の痛み

ICM_205 のコピー 6

概要

来院前日、父親と遊んでいて、腕にぶら下がった際、腕の痛みを発症。
発症直後から左肘を抑え、泣き止まない様子。
その日の晩から湿布を貼って変化を見るが、変化なし。

父親から受付依頼のメールを受け、来院となる。

 

検査

疼痛のためか、左腕を全く使わない状態。

左肘の屈曲を他動的に計るも、痛みのため拒否の行動あり。

バンザイを促しても行動に答えようとしない。(右腕のバンザイのみは有効)

施術

初回

メールでの事前情報・検査より、肘内障と判断。

脱臼した肘関節を元に戻すため、左肘を触れる程度の優しい力で把持
その後、特殊な操作を一秒間行い「ポコン」という感触が手に触れ、肘の骨が正常に収まったことを認め施術を終了。

その後、バンザイを促したり、肘を曲げても痛みは消失している。

同席していた、付添の父親に今後の注意点と、経過の報告をメールでお願いし、
本回で施術終了とする。

解説

ご両親にお願い!子供の肘は引っ張ってはいけません

staff-img-01

1歳〜6歳くらいまでは肘の関節が抜けやすいです。

これは1〜6歳までの子供は、肘関節の靭帯や構造が未発達でしっかりしていないことによります。

ただ、殆どの場合が転けて手をついたとか自分での損傷ではありません。

ご両親が手を引っ張った際や腕にぶら下がった時などに起こります。

このような状況での脱臼を防ぐためにも、この年代の子供たちの腕を強く引っ張ることは、
避けてあげてくださいね。

 

その他の肘内障改善例

https://kobayashi-sekkotsu.com/blog/post-3795/

https://kobayashi-sekkotsu.com/?p=3744