肘内障による腕の痛み

年齢5歳 性別男性 職業  所在地 京都市

主訴 肘内障による肘の痛み

左腕

概要

施術時間中、玄関より子供の泣き声が聞こえ、玄関を除くと母親に抱きかかえられ泣いている子供の姿を見かける。母親いわく『多分肘が外れたんだと思います。』とのこと。以前にもこういった経験がある様子。痛む場所を聞いてもただ泣いているだけでどこに問題があるのかこの時点ではわからない。

検査

左腕に問題あり(腕をだらりとしたまま動かそうとしない)。
母親曰く、父親と一緒にいる時に側転をした際、誤って転倒してその時から腕に異常が出たとのこと。現場は見ていない。

施術

検査の結果、肘内障と判断。 肘関節を柔らかくて片手で包み、もう片方の手首を調整。 しようとするも、痛みのためか身体を動かし調整できず。 10分ほど休憩を入れ再度同様の調整を行うと『ポコ』という手応えあり。 脱臼はなくなったものの、あまりにも痛がるため、肩関節以下の骨折・脱臼などがないか母親協力の下服を脱がせて確認する。 服を脱がす際も腕を挙げることが出来ていたため問題はないと思われる。

調整後も泣き止むことがなかったため、落ち着くまで待合で母親とともに過ごしてもらう。

しばらくすると『もう痛くない。』と発言が見られたため、経過を観察。 異常が見られれば骨折等の疑いがあるため病院へ行くよう指示し施術終了とする。

解説

子供の肘の脱臼 肘内障 肘内障は肘関節のうち橈骨という骨が軽度に脱臼することを言います。(亜脱臼)

子供の場合、この部分の骨が成長しきっておらず『腕を引っ張る』『転倒して手をつく』などの軽度の外力で簡単に外れます。 今回のケースでは転倒によって橈骨にストレスがかかり亜脱臼の状態を呈していました。