筋膜が原因の股関節痛改善事例


                 48歳 女性 デスクワーク 京都市山科区 

主訴 股関節痛

股関節痛 のコピー

概要

5年程前に右股関節の痛みが発症。

当初は「ちょっと痛いな。」と感じる程度だった。

しかし、その痛みが徐々に悪化し、『自転車がこげない。スムーズに歩けない。』など日常生活に支障が出始めたので、近くの整骨院行き、電気施術やマッサージを受けるが改善せず。

さらに3ヶ月前から、左股関節にも痛みが出始めたので、「このまま放置すると手術になるのではないか?」と不安に思ったため、当院に来院する。

 

検査

痛みは股関節前面(付け根)。特に歩行時が痛い。

股関節屈曲、内旋、外旋時痛あり。

左腰部に筋膜のねじれを認める。(腰痛を常に感じている。)

骨盤の右変位と前傾を認める。

 

施術

初回

検査より、問題は筋膜のねじれにあるものと考える。

筋膜のねじれを解消する目的で、筋膜の調整を行う。
施術後、可動域が改善し痛みも減少。

本人も「さっきより歩きやすい。」と驚いた表情。

初回はここで終了。

2回目(初回より7日後)

前回の施術後から歩きやすくなっていると喜んでいる。

筋膜のねじれは残存している。

前回と同様筋膜の調整を行う。

さらに、骨盤の歪みを整える目的で骨盤矯正を行う。

 3回目(初回より14日後)

前回と同様、筋膜の調整と骨盤矯正を行う。
また、足首の関節が不安定でグラつきがあるため、足首の筋力トレーニングを指導する。

4回目(初回より21日後)

初回来たときの痛みが10とすれば現在は3〜4まで減少している。

前回と同様の内容に加え、臀筋群の筋力低下が見られたため、臀筋群の筋力トレーニングを指導する。

 5回目(初回より49日後)

前回の施術より3週間空いたが、痛みが悪化することはなかったとのこと。

引き続き、前回と同様の内容で施術を行う

6回目(初回より56日後)

痛みもほぼ感じないまでに大幅に改善。

自転車をこぐ、歩行がスムーズになったと喜んでいる。
引き続き、前回と同様の内容で施術を行う。

7回目(初回より70日後)

痛みは消失。

筋膜のねじれも見られない。

ここからは一ヶ月に一回定期的に確認し、再発がない状態へ導く施術を行う。

 

解説 

そもそも筋膜ってなに?

swimming_wetsuit_white_woman

最近、<筋膜リリース>がテレビや書籍などで話題になっていますが、実際に『筋膜はどこにあって、どんな働きをしているのか?』を知らない方が多いのではないでしょうか。

ですから、今回は筋膜について簡単に説明させていただきます。

筋膜とは、筋肉を包んでいる薄い膜のことで、皮膚と一緒で全身一枚で繋がっています。

分かりやすく言うとウェットスーツみたいなものです。

しかし、今回のように筋膜の一部分にねじれが生じると、ねじれたところに向けて、全身の筋膜や皮膚が引っ張られ、また同時に骨や関節も引っ張られるため、身体が歪み、痛みが出てしまいます。下の図参照)

IMG_2537左が正常な状態右がねじれた状態。

今回のケースでは、以前から腰に痛みがあったこともあり、腰の筋膜がねじれていました。

結果、そのねじれ向かって全身の筋膜が引っ張られ、姿勢が歪み、股関節に痛みが出ていました。

まとめ

1120 479

以前の記事でもお伝えしていますが、患部に原因がないことの方が非常に多いです。

今回のケースも同様で股関節に原因はなく、腰に原因があったわけです。

ですから、もしこれを読んでいるあなたが『今痛めているところにマッサージや電気をしても良くならなかった。』『何度も同じ痛みを繰り返している。』というなら、一度当院に相談してくださいね。 

あなたを悩ます痛みの原因は筋膜にあるかもしれません。

股関節痛でお悩みの方へ

20170404-股関節の痛み-sp

股関節の痛み改善専門整体ページ