手術痕が原因の股関節痛症例

                   50歳 男性 デスクワーク 京都市西京区

主訴 股関節痛

股関節痛 のコピー 

概要

3年程前から、ゴルフをすると股関節(左足の付け根)に痛みが出始める。

さらに、半年前からは普段の生活の時でも痛みを感じ、『長く歩けない。』『片足立ちで靴下がはけない。』など、日常生活に支障をきたすようになる。

また起床時には身体にこわばりを感じるようになり「ここまま悪化すると歩けなくなるのでは?」と不安に思ったため、今回来院に至る。

 

検査

疼痛部位は左股関節前面(付け根)

股関節内旋、外旋、屈曲時痛あり。

骨盤後傾、股関節右変位よるアライメント不良を認める。

腰椎の可動域不良を認める。

約10年前に交通事故により右下腿解放骨折の既往あり。

右下腿に約5センチほどの手術痕あり。

 

施術

初回

検査により、問題は交通事故による右下腿の手術痕の癒にあるものと考える。

初回は手術痕を調整せずに、頸椎と骨盤を触れる程度の力で矯正を行う。

施術後、股関節の可動域が改善。

初回はここで終了。

2回目(初回より2日後)

特に変化は感じていない。

前回と同様の施術に加えて、今回からは手術痕の癒着を取る目的で手術痕の調整を行う。

さらに内臓の血液循環の目的で鍼施術を施行する。

3回目(初回より5日後)

前回と同様、頸椎、骨盤、手術痕の調整と鍼を行う。

また寝起きのこわばりを改善させる目的で、寝方や寝具について指導する。

4回目(初回より7日後)

PS10→6

寝具や寝方を変えてから、寝起きのこわばりや痛みはほぼない。

前回と同様の施術を行う。

5回目(初回より14日後)

以前より痛みが減少し、また最近は長く歩けるとのこと。

また片足立ちで靴下をはくこともできると喜んでいる。

引き続き、前回と同様の施術を行う。

 

6回目(初回より25日後)

久しぶりにゴルフをしたが、痛みが少し出る程度。

また痛みも長引かず、日常生活では困ることが少なくなってきたとのこと。

ここからは2週間に一回定期的に確認し、再発がない状態へ導く施術を行う。

 

解説

なぜ手術痕の癒着が身体の不調を生み出すのか?

kega_boy

人間の身体は全てが繋がっているため、切ったり、縫った所が癒着すると、切ったところに向けて、全身の皮膚や筋肉や内臓が引っ張られ、身体が歪んでしまうからです。

 

ですから、帝王切開、盲腸、頭手足、体のどの部位でも、切ったり、縫った所が有れば、そこが体の不調の原因になることが多くあります。

今回のケースで言うと、右下腿に大きな手術痕があったため、そこに向けて、皮膚、筋肉が引っ張られ、身体が右に大きく歪んでいました。

その結果、左股関節が常に右引っ張られた状態になっていましたので、痛みが出たわけです。

また、いつもお伝えしていることですが、症状のあるところでなく、原因箇所を施術すると、症状は早期に改善して行きます。

thumbnail_happy_man

もしこれを読んでいるあなたが『何処へ行っても良くならない症状で悩んでいる。』『そう思うと手術してから、もしくは縫ってから身体の不調を感じる。』というなら、その原因は手術痕や縫い傷にあるかもしれません。

股関節の痛みでお悩みの方へ

20170404-股関節の痛み-sp

股関節の痛み改善専門整体ページ